콘텐츠로 바로가기 대메뉴로 바로가기 부메뉴로 바로가기


Home > 学科 > 機械工学部

機械工学部

인쇄하기

学部紹介

機械工学部は機械分野の産業現場の需要に能動的に対処していくことができる専門技術者を養成する機械科、機械設計科、そしてメカトロニクス科がある。機械科では設計/CAD、加工/CAM、熱流体および機械整備分野の特性化教育を進めており、機械設計科ではIT基盤の機械設計分野の理論および技術教育と正確な設計理論を確立し、機械設計自動化およびCADに関する理論と技術教育をしている。メカトロニクス科では21世紀の高度な融複合コンバージェンス社会実現のために機械と電子が融合した最先端複合総合技術であるメカトロニクス技術を教育している。

学部事務室

  • 位置 : 5号館 B03号
  • 電話 : +82-32-870-2130, 2140
  • ファックス : +82-32-870-2500
이미지

産業社会の中心 機械科
Department of Mechanical Engineering

産業の土台を成す機械分野の専門技術者養成を目標にし、機械基礎学問から応用学問に至るまで理論と実験・実習を併行して講義を進めている。また、CAE、CNC、PLCなどの先端機械分野と工程および生産管理などの教科を通して、高級技術を持つ人材と現場適応能力が優秀な人材の養成に重点を置いている。

이미지

人間のための工学 機械設計科
Department of Mechanical Design

機械設計分野の自動化および電算化に関する理論と技術教育に重点を置き、機械設計の完熟した計算および解釈能力を培い、実際の産業現場で製品の生産性を向上させることができる能力を備えた専門技術者養成を目標とする。

이미지

先端技術を率いる メカトロニクス科
Department of Mechatronics

現代産業社会で産業の自動化は社会のあらゆる分野で推進されなければならない課題となった。そのような傾向に歩調を合わせてメカトロニクス科では各種機械の自動化設計および自動化機械を運営できる専門技術者養成を目標に機械と電子に関連した最先端複合総合技術であるメカトロニクス関連理論の講義および実習を重点的に実施している。