콘텐츠로 바로가기 대메뉴로 바로가기 부메뉴로 바로가기


Home > 大学紹介 > 主な名所 > 水準原点

水準原点

인쇄하기

仁荷工業専門大学に位置する 大韓民国水準原点(登録文化財247号 06.04.14)は我が国において高さの基準になっています。

大韓民国水準原点 水準原点は1913年から約3年間、仁川の沖合いの満ち潮、引き潮の高さの差を平均した観測値を0.0mに定め、1963年に陸地の固定点(水準原点)に連結設置したもので、その高さ値は海抜26.6871mです。

水準測量というのは、高さの情報を求める測量で、国家基本測量、地図製作、道路および橋梁建設などの国土開発はもちろん、日常生活においては上・下水道を始めとする水の管理と地球の温暖化に伴う海面の上昇による海岸都市の水害あるいは赤潮による災害防止など、各種建設工事の核心基礎資料として国土の高さを決める不可欠の測量です。

大韓民国水準原点から全国の国道沿いおよび主要地方の官公庁などに精密水準測量を実施して各地域の高さ値を算出して設置した標石を水準原点といい、我々皆で保護しなければならない国家重要施設です。

大韓民国水準原点

名称 大韓民国水準原点(文化財庁 登録文化財247号 2006.4.14)
位置 仁川広域市南区龍現洞 仁荷工業専門大学構内(7号館裏)
経度·緯度 東経(E) 126˚ 39’ 26’ 北緯(N) 37˚ 26’ 58’
等級 1等級
設置日時 1963年 12月 2日
標高 海抜 26.6871m
設置機関 建設交通部 国土地理情報院
補助点 水準原点の有事時、原点の復旧および原点陳告保存目的のガ、ナ、ダ、ラ 4点

仁荷工業専門大学 水準原点関連行事

原点マラソン大会

  • 4月中旬
  • 開校記念日(4月24日)と4.19精神を再確認すると同時に仁荷の学友全員が一つになることを指向
  • 学科別定員の 7%程度の人員(約 500名)が参加
  • 男子: 仁荷工業専門大学-松島遊園地-仁荷工業専門大学
    女子: 松島遊園地-仁荷工業専門大学

原点体育大会

  • 5月中旬
  • 6千人余りの在学生の親睦と団結を通じて愛校心を鼓吹させ、素晴らしい和合で他の学科との交流を持つことによって仁荷人としての所属感を持つ
  • 男子: サッカー、バレーボール、足球、相撲、綱引き、500mリレー
    女子: 足野球、バレーボール、ドッジボール、相撲、400mリレー
    混合: 団体縄跳び

原点祝祭

  • 9月中旬(4日間)
  • 学科別卒業作品展および学術祭、研究発表会が同時開催
  • 学習的、文化的、芸術的な姿を見せる行事